毎度有難うございます。仙台市泉区の理容室BarBerChic(バーバーシック)です。(携帯ホームページはこちら


ベガルタ、優勝のかかった残り3試合。


今日は午後2時からアウェー鹿島戦。


BSでのTV中継。


これは、予約が入らないだろうとタカを括っていたら・・・


どういうわけか、満員。


仙台市民、はたまたChicのお客様全員がベガサポではないんだな^^


というわけで、帰宅後録画観戦と決め込んでいたら、5時半ご予約のお得意様Cさんが来店早々


「ベガルタ残念だったね」


ただし何とか会話をそこから無理やり別な方向へ持っていき^^





負けて残念なのか、勝っていたのに追いつかれて引き分けになり残念なのか、勝ったのに広島も勝って残念なのか・・・


そこだけは何とか知ることなく乗り切り・・・




ただ、残念?なことだけはわかっていたから録画観戦もやや早送り気味。


結果は前半3対1とリードしながらも追いつかれてのドロー。


ただし、首位広島が3位浦和に負けて、勝ち点1差に縮まっての2位。


お得意様Cさんの言った「残念な結果」は、残念の中では一番マシな結果。


スリットストリームに入ったまま。


最終節に首位にいればいいこと。





東二番町通り封鎖しての優勝パレードまであと残り2試合。





それにしても、生まれて初めての経験なので・・・(降格圏での緊張には慣れている?)


緊張するわ、舞い上がるわ!!




たださ、監督は緊張や舞い上がるのは勘弁ね!


途中交代での、奇襲?は止めようよ!!


相手より、サポやピッチ内の選手のほうがびっくりしたんじゃないのかいな??


「殿ご乱心を!殿中でござる!!」


録画観戦なのに、思わず叫んでしまった・・・




ところで、この試合の赤嶺の2点目、角度0度からのヘッドは、かつてJ1時代のFW山下の仙スタでのゴールを思いだした!




人気blogランキング(東北のブログ集)


Secret

TrackBackURL
→http://barberchic.blog.fc2.com/tb.php/1495-166f0469