毎度ありがとうございます!

仙台市泉区黒松の理容室

BarBerChic です。

昨年めまいがひどくしばらく入院した嫁さん。

仕事に復帰したとはいえ未だ本調子ではなく、相変わらず薬も服用しながら・・・ただし、口は達者^^

事情を知っているお得意様のI先生。(東北大学病院医師兼音楽療法研究室教授)

「いわゆる西洋医学が効かないというのなら、これをやってみましょうか?」

と言って、カットの後に逆に嫁さんを床屋の椅子に座らせ10~15分ほどレイキ(霊気?)という手当をしてくださった。

一切体には触れないが、手当てを受けたところに熱を感じ楽になっていくらしい。

I先生曰く

「中国の気功というのは体力を使うが、日本のレイキ(霊気?)というのは体力は使わないので施術者が疲れることはないんです。初歩的なところなら講習を受けて、数時間の練習で身につきますよ。お客さんにもやってあげられるようになりますよ。」

とのこと。


しかし・・・

東北大の医学部の先生が手当てするレイキと、スポーツヲタクの床屋のマスターの手当てする霊気じゃ・・・受け取る方の意識が違うよな・・・^^

取り敢えず、こちらの本を薦められました。






ところでI先生・・・西洋医学に音楽を取り入れてみたり、東洋医学の霊気を採り入れてみたり・・・また、オーケストラでチェロを弾いたりと・・・多才。

でもね、I先生にアン・サリーの存在を教えたのはChicのBGMからなんだよね^^









Secret

TrackBackURL
→http://barberchic.blog.fc2.com/tb.php/1558-c14f2caf