2012.12.07 ガセネタ

毎度有難うございます。仙台市泉区の理容室BarBerChic(バーバーシック)です。


Chicのある泉区黒松には子供の頃から住んでいるので、小・中・高の同級生も髪を切りに来てくれる。


中でも、中学時代の野球部仲間が多い。


忙しい時なんかは、そこで息抜きさせてもらう^^


自分も含めそいつら全員、当時の顧問T先生には絶大なる信頼を寄せている。


ところが、そのT先生が悩みのある女子生徒の相談を受けているうちに、北海道へ駆け落ちしてしまったと、友人のU君から教えられる。


「どう考えても、あの先生に限ってありえないよな。」


二人でそう否定するも、どうも信憑性が高い情報らしい。


「逆に、あの先生なら・・・例えばDVとか、父親からの性的虐待なんかの悩みを相談されたら、立場をわきまえずに北海道の親戚の家にかくまうなんて事ありえるんじゃない?」


なんて勝手に想像して心を落ち着かせようとするも・・・


自宅に帰り、今年のT先生からいただいた年賀を見てみると、住所は変わらないのに前年までは奥様と連名なのに今年から奥様の名前が無くなっている。


U君に電話し


「年賀の件もあるし、やっぱりそうなのかもしれない。だけど、なにかしら事情はあるはずだよ!」




一生の内で、本当に尊敬できる人とめぐり合うことはそうそう多くないと思う。


「その先生が・・・」というショックはあるけれど、T先生に裏切られたとか、がっかりしたと思う気持ちにはならない。


逆に、思ったのはあの先生ですら間違いを起こすことがあるのだから、息子にしろ娘にしろ、何かしら踏み外すことが合っても、見守ってやらなきゃ。


たった一度の過ちで人を決めつけてはいけない!!


いままで家族や他人に対して厳しすぎる自分を反省しました。




しばらく自分の中でも消化できないまま数週間が経ち・・・




同じ野球部仲間のI君が来た時に話してみると


「ハハハハハ・・・そりゃねえべ。あのオッサンがその気になったとしても、中学生の女の子がその気になるわけねぇべ!!家帰ったらググッてみるから^^」


翌朝、I君から「T先生の件」とのメールが



「ありゃ違うぞ!リンク先見てみろ、苗字が一緒なだけで年齢も5~6歳若いし。それよりよ、先生誘って野球部で飲むべ、ネタもあるし^^」




ここ数ヶ月のモヤモヤはどうすりゃいいの?




ガセネタ持ち込んだUには教えてあげようか??


他人に厳しくしないと・・・昨日までは思ってたんだけど^^




人気blogランキング(東北のブログ集)



仙台人気ブログランキング


Secret

TrackBackURL
→http://barberchic.blog.fc2.com/tb.php/883-400d62b1